保育士として働く場合、給料はどこの保育園で働くかや条件によって違いがありますが一般的な初任給は16万円から17万円程度が相場です。

公立の保育園で正社員で働くと地方公務員としての給与規定で支払われます。
そのため、公務員の各種手当ても適用されますので待遇が安定しているという特徴があります。
私立の保育園で働く場合は、園によって条件は異なります。
公立との給与の差は大きくありません。
正規職員の場合、年金や保険などが給料から引かれます。

2万円から3万円程度は引かれますので手取りは13万円から15万円程度です。
社会保険が完備されていない保育園の場合は、自分で年金や保険を支払う必要があります。

BIGLOBEニュース情報を網羅した総合サイトです。

保育士の昇給は、公立か私立によって差があります。

公立の場合は、勤務年数が増えることで少しずつ上昇します。そのため、公立の保育園は離職率が低いという特徴があります。



私立の場合、昇給は期待できません。


また、保育園の規模によって給料が増えたり減ったりということはありません。

仕事内容は公立と私立では違いはありませんが、公立の場合延長保育を行う保育園は少ないという特徴があります。



延長保育のニーズの高まりを受けて、公立でも取り入れる保育園が増えてきています。
公立の場合人事異動によって転勤させられることもあります。

公務員の保育士になるためには、自治体が行う採用試験に合格する必要があります。

各自治体によって受験資格や選考方法が異なりますので、地域の情報を調べておくと良いでしょう。

公立の保育園は条件が良いため、地域によっては倍率が非常に高くなります。