保育士として働いていると、毎月給料をもらえるようになりますので、そのお金でやりくりをして生活をしていくようになります。


たくさんの給料をもらえなかった場合には、助けになるのがボーナスです。

保育士はどのくらいのボーナスをもらえるようになるのでしょうか。

経営状況によっても変わってくるようになりますが、夏に二ヶ月分、冬に二ヶ月分程度はもらえると考えておいても良さそうです。

園によってもある程度の金額は決められているはずですので、就職をする前には確認しておくようにするといいでしょう。
しかしボーナスをもらううえで不安になるのは、安定していないという点があります。

livedoorニュース情報はこちらです。

一般的な企業の場合、業績が悪化した時には、ボーナス自体の支給がなくなってしまったり、金額のカットをされてしまう事があるからです。

これは保育士の場合にもあてはまる事なのでしょうか。

一般的に、保育園で働いているのであれば、ボーナスの減少はあまり心配をしなくてもいいでしょう。


保育園の場合、待機児童もたくさんいるほどですので、定員いっぱいまで子供たちが在籍していることになります。

定員がかなり割れている状況が続いている保育園であれば経営は不安定ではありますが、定員いっぱいという事であれば、経営も安定している状況になるのです。



安定して経営が出来ていれば、ボーナスの減少も心配しなくても良さそうですので、ボーナス時期になっても不安ににならなくてもいいでしょう。