保育士の給料の低さがネックとなって、保育園の人材不足が止まらない状況になっています。

保育士を雇用したくてもなかなかなり手がいないということで、現場での過重労働にもつながってしまっています。

安心、信頼のエキサイトニュースの最新情報を公開しています。

正社員としての雇用をしたいと考える保育園側もあるでしょうが、その場合だと給料や処遇、待遇面でよほどよくしない限りは応募してくる人が少ない状況に変わりはありません。

したがって、保育士をより採用しようと思えば非常勤職員として採用を行うことで、人材不足を補うことを考える必要があります。
特に結婚後に子供を産んでいる人の中には離職をしている人もいるでしょう。



その人たちの中には保育士として短時間なら働いてもいいと考えている人もいます。


そうしたニーズを拾い上げられれば、対応がより柔軟に出来る可能性が広がります。


非正規社員であっても限られた時間内で働きたいという声は根強くあり、その声に応えられれば採用が出来るチャンスは広がります。また、正社員であっても給料だけを見れば確かに他の業種よりも低いかも知れませんが、他のやり方で人材を集める方法がありますので、やり方次第でしょう。

たとえば福利厚生面でお金を掛けないやり方はとれるものです。
人材が相応にいれば、年次有給休暇を多く取得できるようにし、みんなが働きながらでもしっかりと休みがとれるようにしていれば、それに魅力を感じる人はいるでしょう。



お金よりも休暇の方がいいという人はいるものです。